【指導者・解説者向け】先端にボールが付いた説明用指示棒
5d00adf7b8174c584771996e 5d00adf7b8174c584771996e 5d00adf7b8174c584771996e 5d00adf7b8174c584771996e 5d00adf7b8174c584771996e

【指導者・解説者向け】先端にボールが付いた説明用指示棒

¥1,540 税込

送料についてはこちら

  • サッカーボール

    残り3点

  • ラグビーボール

Size: ■サッカーボール 本体:22cm 伸ばした時:100cm ストラップ部分:20cm ボール部分:直径3cm プラスチック製 ■ラグビーボール 本体:24cm 伸ばした時:102cm ストラップ部分:20cm ボール部分:5.5cm×9cm スポンジ製 Capitan Soccer Ball Hand Pointer 解説番組で見かける先端にボールが付いた指示棒(ハンドポインター)。戦術ボードや黒板、テレビ画面を使った説明には欠かせないアイテムです。 自分のプレーを振り返ることは、自分が想像しているイメージと実際のプレーを照らし合わせる作業です。ドリブルの姿勢やポジションの悪さ、自分が気付いていないパスコースに気が付くことができます。 スポーツ経験のあるお父さんであれば、チームの戦術を説明したり子供のプレーについてアドバイスをすることが出てきます。しかしながら、言葉だけで話した内容は思っているよりも相手に伝わっていません。正確に自分の意見を伝えたいのであれば、より具体的なシーンを再現しながら説明する必要があります。 ジュニアサッカーの試合では、多くの保護者がビデオカメラを片手に撮影をしています。言い換えると、試合のビデオを観ながら振り返りをしている家庭がそれだけあるということです。 「あれ」や「あそこ」など、抽象的な言葉を使っているにもかかわらず「わかっていないなぁ」と嘆くのは得策ではありません。適切な道具と分かりやすい言葉でイメージを共有することで初めて、相手は正しく理解ができるということです。頭の中のイメージを具現化して、同じシーンを共有しながら説明できているかを確かめていきましょう。 「ほら、言わなくてもわかるじゃん」なんておこがましい。一番近くにいる人ですら、伝わらないことはたくさんあります。世界中の振り返りという名の反省会が楽しくなりますように。